Gran-S

ご予約 お問い合わせ

2021.03.15

CONCIERGE

テレワークに最適なレンタルオフィスや最適な環境について比較

テレワークに最適なレンタルオフィスや最適な環境について比較

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークの普及が急速に進んでおり、東京都が実施したテレワーク導入実態調査によると2019年に比べ2020年は大幅に導入企業が増えています。

それまで進められてきた働き方改革と併せて、非常時における事業継続を行う為のテレワークの選択やそのメリットを実感している企業が増え続けています。今後もさらに普及が進むと思われるテレワークに最適なレンタルオフィスや最適な環境をご紹介します。

テレワークにおける環境の重要性

テレワークにおける環境の重要性

東京都が実施した2020年テレワーク導入実態調査によると、昨年と比べて大幅に導入企業が増えており、不測の事態、事業継続していく中でテレワークの重要性を痛感している企業がかなり多い結果になりました。

東京都が実施した2020年テレワーク導入実態調査
東京都が実施した2020年テレワーク導入実態調査

[参考]東京都産業労働局報道発表資料「テレワーク導入実態調査結果」

テレワークは自宅など社外で行うため、当然ながら場所や周囲の環境に大きく左右されます。そうした環境の変化により業務に支障をきたすことのないよう、テレワーク実施前に押さえておきたい点を解説します。

ワーキングスペースの確保

業務中は会社の機密情報を取り扱うため、漏洩防止の観点から独立したワーキングスペースの確保が重要になります。WEB会議中の音声やPC画面を家族や周囲の人に見られたり、聞かれたりすることがない環境が望ましいでしょう。

静かで集中できる空間

自宅などで業務をする場合、周囲の環境や騒音に影響されて業務に集中できない場合があります。例えば、WEB会議中騒音で自分の声が伝わらない、相手の声が聞こえにくいなど。また、来客や宅配等が頻繁に来てしまい仕事に集中できなくなってしまう等、周りの環境や音が社内の他の人にも悪影響を及ぼすことも考えられます。そのため、雑音等がなく、仕事に集中できる空間を作らないといけません。

安定したネット環境

ワーキングスペースが確保されていても、インターネットの接続が不安定な場所では業務に支障が出てしまいます。最近ではモバイルwifiの普及が進んでおり信頼性も向上していますが、いざというときのために固定回線などの安定した接続環境があれば重要な会議などでも安心です。

仕事のオンオフの切り替え

テレワークが普及するにつれて、自宅での作業だと仕事のオンオフの切り替えがしづらいという声を耳にするようになりました。業務時間と休息時間をきちんと分けて、メリハリのある生活を送ることが、テレワークを継続する上で重要になります。

気分転換しやすい環境

仕事に集中できる環境はもちろん重要ですが、一人で仕事をしていると煮詰まることもあるので、たまには息抜きをしたいものです。疲れをリフレッシュしてさらに仕事に集中できるよう、適度に気分転換ができる空間があることも大切です。

レンタルオフィスの特徴

レンタルオフィスの特徴

最近ではテレワークの普及に伴い、レンタルオフィスの需要が高まっています。ここでは、テレワークに適したレンタルオフィスの特徴をみてみましょう。

手軽な契約形態

契約形態は、主にサービス利用契約となります。これは、通常の貸事務所などの賃貸契約に比べて初期費用を安く抑えられるなどのメリットがあります。

設備投資が不要

一般的な貸事務所と違い、レンタルオフィスでは業務に必要な机や椅子、ネット環境などの必要な設備があらかじめ揃っています。備品や事務機器などを買い揃えることはありません。

1人からでも利用可能

物件により1人での利用や複数での利用も可能なため、フリーランスの方や少人数の企業の方など幅広いビジネスシーンに対応しています。

個室空間が確保されている

多くの人でオフィスを共有するシェアオフィスと違い、個室空間が確保されています。物件により、完全個室・上部が空いている個室など様々なタイプがあります。

価格が安い

多様な広さのスペースがあるため、貸事務所と比べると月額賃料が手頃です。また、物件によっては最低利用期間が通常の賃貸借契約より短く設定されているため、フレキシブルな利用が可能です。

テレワークにレンタルオフィスを利用するメリット

テレワークにレンタルオフィスを利用するメリット

快適なテレワークをするためには、快適な環境が重要になります。その選択肢の一つであるレンタルオフィスを利用する場合のメリットをご紹介します。

個室空間を確保できる

自宅が手狭でワーキングスペースの確保が難しい場合、個室を占有できるレンタルオフィスなら静寂性の確保や機密保持などに有効です。それにより、仕事に集中でき業務効率の向上も見込むことができます。

安定したネット環境が完備されている

テレワークに必須なネット環境が完備されているため、不安定な回線による業務の中断などに悩まされる心配がありません。

仕事とプライベートのメリハリをつけられる

自宅から自分に合ったレンタルオフィスに通勤することができるため、長い通勤時間に悩まされることはありません。自宅ではない場所での緊張感もあり、仕事は仕事、プライベートはプライベートときちんと切り離すことで、仕事においても快適な時間の使い方ができ、さらにプライベートの充実も図れます。

くつろぎスペースがある

最近では、カフェなどのくつろぎスペースがある物件が増えています。仕事中に外に出かけることなく気分転換が図れるため、時間を有効活用できます。

郵便物の受け取りができる

郵便物や宅配便の受け取りができる物件もあるため、仕事上の書類の受け渡しなどもスムーズに行えます。

レンタルオフィス以外でテレワークに最適な環境とその特徴

レンタルオフィス以外でテレワークに適した環境は、以下が挙げられます。

・自宅
・シェアオフィス
・コワーキングスペース
・バーチャルオフィス

ここからはそれぞれの特徴について解説します。

自宅

テレワークの場所として一般的なのは自宅になります。自宅でのメリットとしては、通勤時間が無い・空き時間を家事などに充てられる、などが挙げられます。自宅でのテレワークにおいては、ワーキングスペースの確保や通信環境の整備が必須となります。

シェアオフィス

シェアオフィスは、ひとつの空間を複数の人達で共有するタイプのオフィスになります。レンタルオフィスとは個室かどうかの違いがあり、その分レンタルオフィスよりも使用料が安くなっています。個室にこだわらない業務の方にはおすすめです。

コワーキングスペース

コワーキングスペースは、シェアオフィスと同様に複数で共有するタイプのオフィスです。シェアオフィスとの違いは、人との交流を目的としているという点があります。異業種や異文化の人達との接点が生まれるため、交流を重視する業種の方に向いています。

バーチャルオフィス

バーチャルオフィスは上記の形態とは異なり、実際のワーキングスペースを提供するものではありません。法人登記用の住所や電話番号などを貸し出す形態のため、他の形態に比べると賃料が格安となっています。

バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスの選び方

バーチャルオフィスは、フリーランスや起業家で自宅などにワーキングスペースを確保できる方に向いています。ここでは、バーチャルオフィスの選び方について解説します。

法人登記が可能か

実際のオフィスではなく住所のみを貸し出す形態ため、まずは法人登記が可能かどうかを確認します。

郵便物などの転送が可能か

バーチャルオフィス宛てに届いた郵便物の保管や、自宅に転送してもらえるかも重要な点になります。

会議室などの設備が充実しているか

打ち合わせや来客などで、普段のワーキングスペースでは対応しきれないケースも想定されます。そのような場合に備えて、会議室などの設備が利用可能かどうかもポイントになります。

まとめ

まとめ

今後もますます浸透していくと思われるテレワークにおいて、ワーキングスペースの問題はさらに重要さを増していくことでしょう。

そのような中で、レンタルオフィスを始めとする多様なワーキングスペースを検討していくことが、テレワークを快適に継続していく上でのポイントになります。最近ではより快適で、より使いやすいレンタルオフィスのニーズが増しています。

「Gran-S」では、テレワークに最適な上質なレンタルオフィスを提供しています。

これからの社会でテレワークを快適に過ごすため、自分に合ったレンタルオフィスなどを探してみてはいかがでしょうか。

BACK TO LIST

  • 2021.03.08

    CONCIERGE

    貸事務所とレンタルオフィスの違いは?

    前の記事へ
  • 2021.03.22

    CONCIERGE

    一人でもレンタルオフィスは借りられる?一人でレンタルオフィスを借りる時の流れを解説

    次の記事へ